東京 金沢 新幹線 名古屋・米原経由

北陸新幹線か東海道新幹線(名古屋・米原経由)か?

北陸新幹線が開通するまで、東京〜金沢の新幹線での移動には2つのルートがありました。
一つは上越新幹線と在来線特急を利用するルート、そしてもう一つは東海道新幹線で名古屋か米原まで行き、在来線特急に乗り換えるルート。

 

そして現在は、北陸新幹線か東海道新幹線(名古屋・米原経由)の選択肢があります。
当然、気になるのは料金。
そこで、北陸新幹線と名古屋・米原経由の料金を比較してみます。

東海道新幹線(名古屋・米原経由)の料金

東京から東海道新幹線・特急しらさぎを利用すると、米原まで「ひかり」なら16,010円、名古屋まで「のぞみ」なら15,890円、名古屋まで「ひかり」を利用すると15,680円。(名古屋・米原のどちらでも乗り換えはできますが、所要時間が短いのは米原乗り換え)

北陸新幹線の料金

東京〜金沢の北陸新幹線の料金は片道14,120円。

 

比較すると、東海道新幹線利用時の最も安い15,680円よりも、北陸新幹線の方が1,560円安いです。

 

割引きっぷでさらに料金を比較!

東海道新幹線はエクスプレス予約等で安く乗ることができます。
北陸新幹線も他の方法で安く乗ることができますが、エクスプレス予約では切符を購入することはできません。
では、エクスプレス予約を使って、名古屋経由で料金をどれくらい安くできるのでしょうか?

エクスプレス予約を使って安くする

東京から北陸新幹線で金沢へ行く場合、営業距離が足りず往復割引は使えません。
ところが、名古屋経由の場合、距離が600キロを超えるため往復割引を使うことができます。
往復割引を使うと、通常9,610円の乗車券が1割引になり8,640円、往復で17,280円。
これにエクスプレス予約で東京〜名古屋間の「e特急券」を購入すれば、まず名古屋まで行くことができ、料金は片道4,050円、往復8,100円。
名古屋〜金沢間の特急券が必要なので、片道2,900円、往復5,800円で購入します。
全部合計すると、往復31,100円なので、片道料金は15,590円。
このようなきっぷ購入方法では、乗継割引が効かないため料金はあまり変わりません。

 

北陸新幹線はさらに安くなる

北陸新幹線の場合、えきねっと「トクだ値」を利用して新幹線に乗れば、通常料金14,120円がさらに安くなり12,700円で乗ることができます。
これだけを比較しても、やはり北陸新幹線の方が安いです。
さらに、北陸新幹線で往復&宿泊する方は、新幹線宿泊パック1人3,000円〜4,000円くらい安くすることができます

 

 

料金を比較した結果、安いのは完全に北陸新幹線。
所要時間も米原経由4時間30分に対し、北陸新幹線は約2時間30分。
北陸新幹線の開通により、東京から金沢へ行く時には、東海道新幹線という選択肢はなくなりました。
なお、東京〜福井では、東海道新幹線で米原を経由した方が安いです。