東京 金沢 新幹線 モバイルSuica特急券

東京〜金沢間でも「モバイルSuica特急券」が使える!

東京〜金沢間で北陸新幹線を利用する時、少しでも料金を安くしようと思えば、「えきねっと」や「新幹線宿泊パック」などいくつかの方法があります。
その1つが「モバイルSuica特急券」。

 

モバイルSuica特急券とは、「えきねっと」と同じくJR東日本のチケット予約サービスですが、チケットレスで新幹線に乗車することができ、きっぷの受取りは不要です。
このモバイルSuica特急券を利用して、東京〜金沢を往復すると「料金はいくらなのか?」「予約・購入方法は?」「注意点は?」などをご紹介します。

 

これから、モバイルSuicaを利用しようとお考えの方、特に「注意点」は必ずご確認ください

 

 

モバイルSuica特急券を予約・購入するには?

携帯情報端末で新幹線の指定席・自由席を予約・購入し、駅の窓口や券売機できっぷを受け取ることなく、改札機にはタッチ&ゴーで新幹線に乗ることができる「モバイルSuica特急券」。

 

モバイルSuica特急券を購入するには、まずモバイルSuicaに登録しなければなりません。
モバイルSuicaへの登録には、クレジットカードが必要で、多くの手持ちのカードで利用することができますが、ビューカード以外のカードで利用する場合には、年会費1,030円がかかります

 

会員登録後に、モバイルSuica特急券の利用登録をすれば購入することができます。
その後、携帯情報端末(スマホ・携帯など)から予約・購入し、その情報を端末にダウンロードすれば、あとは改札へタッチで列車に乗ることができます。
利用できる時間帯は5:30〜23:40で、乗車日の1ヶ月前の10時から発車6分前まで(「スーパーモバトク」は前日の23:40まで)購入・変更等が可能です。

 

このモバイルSuica特急券のいいところは、駅の窓口や券売機に立ち寄る必要がなく、携帯画面から空席を調べて予約・購入でき、そして料金が安いこと。
では、東京〜金沢間で利用すると、料金はどれくらい安いのでしょうか?

 

【モバイルSuica特急券】東京〜金沢の新幹線料金&注意点は?

モバイルSuica特急券には「モバトク」「スーパーモバトク」という2種類があり、「モバトク」は乗車日当日まで、「スーパーモバトク」は前日まで購入が可能です。
この内、料金が安いのは「スーパーモバトク」。
東京〜金沢間の料金は、指定席普通料金14,120円のところ、「モバトク」13,380円、「スーパーモバトク」12,030円。

 

東北新幹線や上越新幹線など、他の区間では「スーパーモバトク」よりも「えきねっと」の「お先にトクだ値」の方が安いですが、この東京〜金沢間では「お先にトクだ値」の販売がないため、「えきねっと」よりモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」を利用した方が安いです。

 

ところが、モバイルSuica特急券の登録をして「スーパーモバトク」を購入する前には、注意しておきたいことが…。

 

登録前に注意しておきたいこととは?

頻繁にモバイルSuica特急券を利用するなら問題ありません。
しかし、今回の東京〜金沢の往復だけのために会員登録しようとする方は注意が必要です。
「スーパーモバトク」は確かに安いですが、座席数は限定されているため、特に週末の「かがやき」などは空席が多くはありません。
空席を確保するのは困難で、もし空席がない場合、せっかく年会費を払って準備を整えても「スーパーモバトク」が買えない可能性があります。

 

東京〜金沢では、1人で往復とも「かがやき」に乗る場合を除いては、「スーパーモバトク」より新幹線宿泊パックの方が安いです。
詳しくは→東京〜金沢【北陸新幹線】※格安な往復方法全てを料金比較

 

特に、ビューカード以外のカードでこれから登録しようとお考えの方は、まず、年会費等を含めて慎重に料金を比較してみましょう。

 

なお、モバイルSuica特急券はその性質上、2人以上で利用することができません。
2人以上で新幹線に乗る場合、それぞれが会員登録をする必要があります。
それよりも、2人以上での北陸新幹線利用時にはスーパーモバトクより新幹線宿泊パックの方が安いです。