東京 金沢 新幹線 子供料金

東京〜金沢間の新幹線子供料金は?

東京〜金沢間で北陸新幹線に乗ると、大人料金は普通車指定席が14,120円、自由席なら13,600円。
子供料金は乗車券・特急券とも半額で、指定席7,060円、自由席6,800円。

 

この子供料金が適用されるのは原則は小学生の子どもで、小学生未満であれば指定席に乗り座席を指定した時には子供料金がかかるものの、自由席なら無料で乗ることができます。
(ただし、小学生未満の幼児が1人で乗る場合や、大人・子供1人につき3人以上の乳幼児がいる場合など子供料金が必要な場合もあります。)
北陸新幹線で東京〜金沢間を往復する場合、かがやきは全車指定席なので、小学生未満の子どもでも座席を確保すれば子供料金がかかりますが、はくたかの自由席を利用するのであれば、小学生未満の子どもは無料です。

 

では、家族で新幹線を利用して東京〜金沢を旅行する時、旅行費用はどれくらいかかるのか?
いろいろなケースで費用を計算してみましょう。

 

東京〜金沢間の子連れ家族旅行費用は?

子連れ家族旅行の費用は、子どもの年齢と利用する座席によって変わります。
では、3人・4人家族を想定して東京〜金沢間の新幹線旅行費用を計算してみましょう。

3人家族(大人2人・子ども1人)

指定席

かがやき・はくたかの指定席を利用すると、大人料金14,120円、子供料金7,060円。
3人で東京〜金沢を指定席で往復すると70,600円。
1人6,000円で宿泊すると3人で18,000円なので、往復・宿泊の合計は88,600円になります。

自由席

子どもが小学生なら自由席料金は6,800円、大人2人分と合わせた往復料金は68,000円。
宿泊費18,000円を合計すると86,000円になり、指定席よりも2,600円お得です。
子どもが小学生未満なら、自由席料金は無料なので、往復料金は54,400円。
ホテルは2人分なら12,000円、3人分なら18,000円なので、合計66,400円または72,400円。

新幹線宿泊パックを利用すれば格安!

このような家族旅行も、新幹線宿泊パックを利用すると安くなります。
同じホテルを利用したパックの料金は大人2人・子ども1人で、往復かがやきで77,500円、片道はくたかなら75,750円、往復はくたかなら74,000円。
もちろん、利用する座席は指定席
子どもが小学生なら、旅行費用は新幹線宿泊パックで確実に安くなります

 

4人家族(大人2人・子ども2人)

指定席

大人2人・子ども2人の場合、指定席を利用すると往復で84,720円。
1泊1人5,300円で泊まると4人で21,200円なので、往復・1泊の旅行費用は105,920円。

自由席

はくたか自由席を利用するなら、大人2人・子ども2人の往復料金は81,600円。
1泊5,300円のホテルで泊まると、合計は102,800円。
もし、子どもが小学生未満なら往復の自由席料金は無料なので1人13,600円安くなります。
子どもが1人小学生未満の場合は89,200円、2人とも小学生未満の場合は75,600円。

新幹線宿泊パックを利用すると?

新幹線宿泊パックを利用すると、同じホテルを利用したパックの料金は大人2人・子ども2人で、往復かがやきで92,600円、片道はくたかなら90,500円、往復はくたかなら88,400円。
どの列車を利用しても、子どもが小学生なら、東京〜金沢の新幹線旅行費用は、新幹線宿泊パックで指定席を利用するのが間違いなく安いです。

 

家族旅行も新幹線宿泊パックで安くなる!

日本旅行

日本旅行「新幹線+宿泊」セットプラン

 

北陸新幹線の往復チケットとホテルの同時予約で料金が格安
ネット予約したチケットは出発前に自宅に届きます。
家族旅行なら、通常料金での往復より10,000円以上安くなることも!
小学生の子どもがいる家族旅行は確実に安くなります。

 

 

小学生未満の子どもがいる場合、自由席を利用すると安くなります。
しかし、「はくたか」には5両の自由席はあるものの、列車は1時間に1本しか運行がないため、もし満席だった場合は1時間後に出発する「はくたか」まで待たなければなりません。
東海道新幹線のように列車の本数が多くないので、特に家族旅行での自由席利用時は注意が必要です。
行きは自由席に座れても、帰りが座れないということも想定しておかなければなりません。

 

このような事情もあって、家族旅行の時でも自由席に座るために並ぶよりも、新幹線パックで先に座席を確保しておいた方が安心です。