東京〜金沢を北陸新幹線で格安に往復したい!

東京〜金沢を直通で結ぶ北陸新幹線。

 

これから東京〜金沢間で北陸新幹線を利用する方にとって気になるのは、
どんな方法で往復すると最も格安なのか?」ではないでしょうか?

 

そこで、東京〜金沢の新幹線に格安に乗る方法を全て調べてみました。
さらに、全ての往復方法の料金を比較して、どの方法が最も格安なのかご紹介します!

 

 

比較の結果、格安でおすすめはこれ!

日本旅行

 

新幹線宿泊パック

 

北陸新幹線の往復チケットとホテルの同時予約で料金が格安
ネット予約したチケットは出発までに自宅に届きます。
「はくたか」「かがやき」利用で、通常料金での往復より1人5,500円〜7,000円安く、2人での旅行なら合計14,000円以上お得!

 

東京〜金沢の新幹線(指定席・自由席)の料金は?

まず、東京〜金沢の正規の新幹線料金をご紹介します。
この区間を直通で移動できるのは、北陸新幹線の「かがやき・はくたか」。

 

通常きっぷの料金は、指定席14,380円、自由席13,850円
指定席の料金は「かがやき・はくたか」とも同じで、繁忙期は14,580円、閑散期は14,180円です。
そして、自由席があるのは「はくたか」のみで、「かがやき」は全席座席指定です。

 

では、この東京〜金沢の新幹線料金は、どうすれば安くなるのか?

東京〜金沢の新幹線料金が格安になるのは…

東京〜金沢の指定席普通料金は片道14,380円。
これ以上に、新幹線の料金が安くなる手段を調べてみました。

 

その結果、利用できるのは次の5つ。

学割

もちろん利用できるのは学生のみですが、北陸新幹線でも学割が利用できます。
割引になるのは運賃(2割引)のみで、指定席・グリーン車等の特急券は割引対象外。
普通車指定席の学割料金は片道12,880円、自由席なら12,350円

えきねっと「トクだ値」

東京〜金沢の新幹線では、JR東日本の新幹線予約サービス「えきねっと」が利用可能。
ただし、他の路線と違い「お先にトクだ値」の設定はなく、「えきねっとトクだ値10」のみで、料金は10%割引の12,940円

モバイルSuica特急券

これも同じくJR東日本のチケットレス列車予約サービス「モバイルSuica特急券」。
モバイルSuica特急券には、「モバトク」「スーパーモバトク」という2種類があり、「モバトク」13,620円、「スーパーモバトク」12,250円
利用できるのは会員本人のみなので、2人以上の場合は各自が登録する必要があります。

e5489

JR西日本の列車予約サービスで、基本的には金沢発〜東京行きで利用可能。
「eきっぷ」13,730円、「WEB早特1」12,940円、「e早特1」12,360円
この内、「eきっぷ」と最も安い「e早特1」はJ-WESTカード会員限定。

新幹線宿泊パック

往復新幹線とホテルを同時予約すると、その合計料金が格安になる新幹線宿泊パック
「かがやき」も利用することができ、列車・ホテルも自由に選ぶことができる。
東京発・金沢発とも1人でも利用可能で、料金は全てセット料金に含まれる。

 

 

以上が、東京〜金沢の新幹線料金を安くする方法の全てです。

 

東京〜金沢間で使えないもの

×東京〜金沢間では回数券の販売がなく、金券ショップでも格安チケットは販売されません。
×距離は600キロに満たないため、東京〜金沢では往復割引も利用できません。
×最速列車「かがやき」は、指定席のみで自由席がありません。
△株主優待券は東京〜上越妙高間でしか割引にならず、金沢までの切符は別購入。

 

ということで、東京〜金沢間を少しでも格安に往復するためには、上の5つの方法しかありません。

 

東京〜金沢の新幹線【往復料金】を比較!

東京発〜金沢行き(e5489除く)の新幹線料金を並べてみると、このようになります。

チケット種類 片道 往復
指定席普通料金 14,380円 28,760円
モバトク 13,620円 27,240円
学割 12,880円 25,760円
えきねっとトクだ値 12,940円 25,880円
スーパーモバトク 12,250円 24,500円

片道・往復の料金だけを比較すると、最も安いのはモバイルSuica特急券の「スーパーモバトク」。

 

しかし、せっかく行く東京〜金沢の新幹線旅行…。
最速列車「かがやき」でも往復5時間かかるので、多くの方が宿泊するのではないでしょうか?

 

そこで、新幹線宿泊パックを入れて、「往復&1泊の合計料金」を比較してみましょう。
すると、順位はこうなります!

 

往復方法 往復&1泊(5,000円) 普通料金との差額
指定席普通料金 33,760円 なし
モバトク 32,240円 ▲1,520円
えきねっとトクだ値 30,880円 ▲2,880円
学割(指定) 30,760円 ▲3,000円
スーパーモバトク 29,500円 ▲4,260円
新幹線宿泊パック(1人) 28,200円 ▲5,560円
新幹線宿泊パック(2人) 26,600円 ▲7,160円

1泊5,100円のホテルに泊まった「往復・宿泊の合計料金」です。
最も格安なのは2人以上で予約した時の新幹線宿泊パック

 

東京〜金沢は「往復+宿泊」なら新幹線パックが安い!

では、この最も安い新幹線宿泊パックはどのように利用することができるのか?
新幹線パックで利用する列車や、人数別の料金について簡単に整理しておきましょう。

 

列車の選択が可能

東京〜金沢間で本数が多いのは「はくたか」、所要時間が短いのは「かがやき」です。
「かがやき」の所要時間は約2時間30分、「はくたか」でも約3時間です。
新幹線宿泊パックでは、片道ずつ列車の選択が可能で、片道・往復とも「かがやき」を利用することもでき、列車による料金の変動はありません。

 

2人利用はさらにお得

新幹線宿泊パックでは、同じ列車、同じホテルに宿泊しても、1人で予約するより2人で予約した方が安いです。
もちろん、2名1室で宿泊しても安いですが、1人1部屋で2室予約をしても同じように安いです。
また、子供料金の設定もあるので家族で利用してもお得です。

 

グリーン車に乗っても格安

東京〜金沢では、普通車指定席とグリーン車の差額は4,720円です。
この新幹線宿泊パックでも「かがやき」「はくたか」ともグリーン車の選択が可能。
差額は片道4,600円ですが、普通車プランの料金が元々安いので、グリーン車に乗ってもお得!

 

 

1人での旅行や出張でも、宿泊するなら最も安いのは新幹線パック。
宿泊を必要としない時に1人で往復するなら、モバイルSuica特急券「スーパーモバトク」が最も安いです。
それ以外、最も格安なのは新幹線宿泊パック

 

スーパーモバトク利用の注意点

まだモバイルSuica会員登録していない方は、ビューカードがない限り年会費1,030円が別途かかります。さらに、モバイルSuica特急券は会員本人のみしか購入できないため、友人との旅行や家族旅行には向いていません。
それ以上に問題なのは、座席数が限定されているため、なかなか空席がないこと。
会員登録して年会費を払っても、席が取れなければ意味ありませんからね。

 

ということで、東京〜金沢の新幹線旅行には、おすすめは新幹線宿泊パック
1泊以上宿泊するなら、どの列車に乗っても間違いなく最も格安です。
その上、自宅を出発する前に往復の座席が確保できているのは安心です!

 

東京〜金沢の旅行におすすめの新幹線宿泊パック

日本旅行

 

日本旅行「新幹線+宿泊」セットプラン

 

北陸新幹線の往復チケットとホテルの同時予約で料金が格安
1人でも利用可能で、ネット予約したチケットは自宅に届きます。
「はくたか」「かがやき」利用で、通常料金での往復より1人5,500円以上安く、2人での旅行なら合計14,000円以上お得

 

更新履歴